2005年09月09日

JASS 8 T-301ケイ酸質系塗布防水材(無機質浸透性塗布防水材)セレシット・DS(粉末強化剤入)コンクリート躯体防水

コンクリートに浸透させて裏から止める躯体防水材

selesit.jpg
■特 長

防水機構
・ コンクリート躯体表面に塗布するだけで、セレシット・DSの
持っている特殊活性剤が躯体内部に浸透し、内部の遊離石灰と
反応して、安定した結晶体を作りコンクリートを緻密にします。
これによりコンクリート躯体の養護・防水に優れた性能を
発揮します。
(JASS 8 防水工事3節ケイ酸質系塗布防水工事3.5材料(3)
防水機構より)

施工性
・ 躯体が湿潤状態でも施工でき、作業が簡単かつ安全です。
・ 使用材料は少なくてすみ、工期短縮に寄与します。
・ 鏝だけでなく、刷毛、吹付け等でも施工可能です。
・ 背面水圧側への施工も可能です。
躯体養護
・ 躯体表面に直接塗布することにより、特殊活性剤が躯体内部に
浸透し、塗布層が躯体と一体化し、コンクリート表面 を
保護します。


■用 途

コンクリート躯体防水
〔施工適合箇所〕
地下内外壁、地下ピット、エレベーターピット、受水槽、
防火水槽、中水槽、雨水槽、農業集落排水施設施工指針
汚水処理施設編(案)による防水工指定箇所等

価格とご購入はコチラ


■使用材料
【標準使用量】
標準使用量:1.5kg/m2(セレシット粉体重量)
標準施工面積:16.6m2/袋
100m2当たりの使用量の目安:6袋
セレシット・DS(粉末強化剤入):25kg/袋

施工方法
1. 調合
セレシット・DS標準配合量:25kg
水標準配合量:6.5〜7.5kg(鏝塗り)
または
水標準配合量:7.5〜8.5kg(刷毛・吹付)

撹拌用容器の中に、計量済みの水を入れ、ハンドミキサー等を
回しながら、セレシット・DSを徐々に投入し、十分に混練します。
(混練時間:約3分)

2. 塗布
・ 躯体が十分に湿潤していることを確かめてから、鏝、刷毛、
吹付け等で塗布します。


JASS 8(日本建築学会建築工事仕様書・同解説・防水工事)
T-301規格適合
ホルムアルデヒド放散等級区分表示 F☆☆☆☆
セレシットは発売以来アスベストを使用しておりません。

建築工事標準仕様書・同解説 JASS8 防水工事 - 日本建築学会






ケイ酸質|塗布防水|無機質|浸透性塗布防水|コンクリート躯体|
躯体表面|地下内外壁|地下ピット|エレベーターピット|受水槽|
防火水槽|水槽|雨水槽|農業集落排水施設|汚水処理施設|
コンクリート|躯体防水|無機質浸透性|ケイ酸|seresitto|
せれしっと|セレシット|浸透型|昭和電工|セリノール
JASS 8 T-301 ケイ酸質系塗布防水材料

■ もっと他の材料をさがす
なんでも揃う楽天ホームセンター

■ もし施工が手におえそうでなかったら・・・

補修のプロ「ひかり化成」に相談

posted by hikarikasei at 11:22 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
web拍手 by FC2
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6727921

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。