2005年08月28日

一液性のゴムアスファルト系塗膜防水材ガスファルト

一液性のゴムアスファルト系塗膜防水材「ガスファルト」は安全・簡単・確実です。
 
6kg.jpg

フタを開けたらすぐ使用できます
一般的な塗膜防水材に見られる攪拌不良による
施工上の心配は全くありません。


現場監督ご自身で簡単に安全に施工できます。
他業種の職人さんでもうまくできます。


水性なので室内でも安全です。
周辺環境(住民)に不快な思いをさせる臭気も殆どありません
火気を使わない常温施工です。

gas.jpg

 
塗るだけなので施工が簡単です。
非常に伸びるので安心です。
補強布を積層すればさらに強靭な耐力を発揮します。


モルタルとの接着力が優れていますのでモルタルがよくのります。
既存アスファルト防水の部分補修にも向いています。
サッシ廻り等の2次的な防水、屋根材の下塗り等、
現場リスク管理としてにおすすめします。

水性塗料を塗布することにより露出防水工法もできます。
専用の粘度調整剤等により粘度や硬化時間をコントロールできます。

nuru.jpg


ガスファルト6kg入(1kg/ux2回塗で約3u塗れます)
塗布したては茶色ですが、乾燥硬化すると黒くなります。
黒くなったら次の工程に進めます。
厚塗しますと表面だけ硬化して全体の硬化が極めて
遅くなりますので薄く塗り、厚みは塗り回数で確保して下さい。


yokudeki.jpg


(株)日本セメント防水剤製造所製造のゴムアスファルト系塗膜防水材
「ガスファルト」とは長い実績に基づくアスファルト防水の耐久性と
信頼性、ゴムの柔軟性と伸縮性を兼ね備えた防水材であることから、
アスファルトにゴムGを頭に持ってきて
日本セメント防水剤製造所製品開発課が命名しました。

ガスファルトの販売と保証付き責任施工のことなら
有限会社ひかり化成までお問合せ下さい 

電 話072−230−2505
  
FAX072−230−2510
 
受付は年中無休、終日

全国1缶から配送いたします

■荷姿と価格

6Kg/缶


価格とご購入はコチラ



ガスファルトは本格的な高品質ゴムアスファルト防水材です。
国土交通省省Y−1・Y−2仕様にも対応できます。
くわしくは製品カタログをご覧ください。
もちろんJIS-A-6021ゴムアスファルト系塗膜防水材 物性規定値もらくらくクリア!

国土交通省大臣官房庁営繕部監修/
平成22年度版「公共建築工事標準仕様書」(建築工事編)
9章 防水工事 5節 塗膜防水
表9.5.2 ゴムアスファルト系塗膜防水の種別及び工程


種別Y−1
工程1 プライマー塗布(吹付)0.2kg/u
工程2 ガスファルト塗布(吹付)6.5kg/u ※数回に分けて施工
工程3 保護緩衝材(発砲ポリエチレンフォーム等)


種別Y−2
工程1 プライマー塗布  0.2kg/u
工程2 ガスファルトクロス張り
    ガスファルト塗布 1.2kg/u
工程3 ガスファルト塗布 1.5kg/u
    ガスファルト塗布 1.5kg/u
工程4 保護シート(ポリエリレンフィルム等)
工程5 保護コンクリート又は保護モルタル

ゴムアスファルト系塗膜防水は
アスファルト防水の常温工法、冷工法と呼ばれ
特にトイレ改修工事や浴室改修工事における
便器取合いや配管立上りの防水仕舞に最適です。
わずかな施工面積の為に従来のような、
溶融釜を設置し、熱アスファルト防水を
施すといった火気と異臭のリスクを回避して、
しかも大幅なコストダウンを図れます。

バリアフリー便所改修(和式便器を洋式便器に替える)等で
もし設計図書で屋内防水密着工法の種別E−1、又は種別E−2
指定されていましたら、これらの特性をご説明頂き、
周辺事情に配慮した「水性(水系)ゴムアスファルト塗膜防水」に
同等品願いをご提出してみてください。


ガスファルトは、ゴムとアスファルトの完全なエマルジョンです。
(ゴムアスファルトエマルジョン)
施工の際、火気を使用せず作業者及び周辺の人々にとって
安全な常温施工となります。

また、低臭・無公害の為、人体に害はありません。
一液性タイプの為、取り扱いが極めて容易であり、
塗布・吹付けの二通りの作業が行なえます。
従ってガスファルトは、密閉された場所、
施工の難しい地下ピットや外壁等にも
容易に施工する事が可能です。

■ もっと他の材料をさがす
なんでも揃う楽天ホームセンター

■ もし施工が手におえそうでなかったら・・・

補修のプロ「ひかり化成」に相談


posted by hikarikasei at 11:04 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
web拍手 by FC2
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6315472

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。